漢方足湯健康館漢方足湯健康館

腰痛 | 漢方足湯健康館

現代医学では、腰痛に関する成因をたくさん研究してきた。特にX線の発明と医学的応用になってから、レントゲンなどで腰椎を透視し、椎間板ヘルニア、腰椎のすべり、分離また変形していることで神経を圧迫して痛みが生じると言った憶測で、腰椎を削ったり、針を入れたり、さまざまの手術治療を行ってきた。

腰痛を訴えて受診する人のうち、上記腰椎の変形など原因で特定できた人は約15%です。残りの85%は原因が不明です。どころが、ある調査によると、椎間板ヘルニアやすべり、変形による腰痛は0.9%に過ぎない。非常に残念なことに、医者の勧めで手術を受けた多くの患者は、腰痛の改善が見込めず、それ以上にたくさんの手術後遺症に悩まされています。最近では、ようやく現代医学が腰痛は腰椎の変形などに関係ないと認めはじめた。

東洋の伝統治療医学では、腰痛の原因はそう複雑ではありません。大体以下の四種類に分類されています。

①寒気で身体の陽気が届かない。

②死んだ血液が塊になって、血管に詰っている

③血液が固まっていないが、流れていない

④体が弱くて、血液が届かない

上記の原因を取り除けば、腰痛は自然と消えていきます。腰痛は骨の変形とは全く関係ありません。

原因①は気の問題です。つまり身体の陽気が足りていないことです。この腰痛の症状を緩和するのに、非常に簡単で、また腰のマッサージを受けたり、湯たんぽを腰に付けると、痛みが緩和されます。

原因②~④は血液の問題です。万病の原因は血液にあると、古来の東洋医学ではそう定義されています。血液の流れが悪くなると、様々の症状が出始めます。血行の悪さを改善すれば、腰痛が軽減され、完全に改善すれば、腰痛は消えることです。ドロドロの血液をサラサラにするために、有機オーガニックの食事に変えることが大事です。正しい食材は健康の基礎であります。