漢方足湯健康館漢方足湯健康館

浮腫み(むくみ) | 漢方足湯健康館

浮腫み(むくみ)とは、代謝された体液(廃液)が身体の外に出られずに、顔面、眼の回り、手足、腹部、全身(酷い場合)などの体内に無理やり溜まることを言います。

これは女性、また老弱、重病などの方によくある悩みです。

体内の水代謝に関わる臓器は下記四つあります。

1、肺 2、脾臓 3、腎臓 4、膀胱

1、急激な寒気による風邪、過敏による急性浮腫み、肺の機能が一時的に落ちることで、呼吸困難を伴い、急激に眼袋が先に浮腫み、そして、手足が浮腫みます。漢方対策は手太陰肺経絡に漢方栄養とエネルギー(パワー)を注ぎ、脈絡のエネルギー流れを良くすることです。

2、脾臓が弱まっていると浮腫みます。思慮が多くて、また、暴飲暴食、アイスクリームなどの冷たいものを食べると、脾臓の陽気が落ちて、体内の水気が蒸発されなくなり、溜まってしまいます。眼の上が先に浮腫み、全身に渡って、浮腫みが増えていきます。対策は、脾臓の陽気を与えることです。つまり、足太陰脾経絡に漢方栄養とエネルギー(パワー)を注ぎ、脈絡のエネルギー流れを良くすることです。

3、腎臓の問題による浮腫み。主に腎臓の陽気が足らないことで、眼の下のクマから浮腫みはじめ、腰より下のむくみが激しい。伴う症状は手足が冷え、顔色が暗くまた白く、尿液の量が少ない、腰や膝がだるい、などあります。解決策は悪い生活習慣をやめ、腎臓の陽気を上げることです。つまり、足少陰腎経絡に漢方栄養とエネルギー(パワー)を注ぎ、脈絡のエネルギー流れを良くすることです。

4、膀胱の伸縮性が無くなってきたことで、排尿不利の症状が伴います。膀胱は体内の廃液の最終出口前の貯蔵器です。膀胱が詰ると、上記全ての内臓や身体の各部位に、廃水が溜まり始めます。放置すると、足から、腰、そして胸まで廃水が溜まり、腹水などが出来て、命が失う危険性があります。解決策は簡単です。足太陽膀胱経絡に漢方栄養とエネルギー(パワー)を注ぎ、膀胱の伸縮性を戻すことです。

現代悪生活環境により、浮腫み(むくみ)の原因は単一の場合以外に複数の場合もあります。いかに複雑でも、上記四種類の原因の内のどれか、必ず含まれます。